介護腰痛予防対策.com » 治療法

治療法

現在多くの人が悩みを抱えている病気の一つに椎間板ヘルニアあります。椎間板ヘルニアという名前は聞いたことがある人も多いと思いますが、この椎管ヘルニアというのは多くの症状を持ったとても厄介な病気の一つなのです。

椎間板ヘルニアは椎間板と呼ばれる部分が何らかの形で飛び出してしまい神経を圧迫することを言います。神経というのは信号を伝えるためにとても大切なもので、これが圧迫されることで、痺れや痛みといった多くの症状を引き起こしてしまうのです。

さらに、症状がひどくなってくると物をもてなくなったり、歩けなくなったりすることもあるのです。排泄障害などに陥ってしまうこともある怖いものなのです。

なかでも首を支えている頚椎ヘルニアになる方というのは多くいて頚椎ヘルニアの場合はなかなか気付かないことが多いため悪化してしまうケースがほとんどなのです。

ではこの頚椎ヘルニアになった場合の改善法というのはどういったものがあるのでしょうか。椎間板ヘルニアになってしまった場合の改善法というのはほとんどの場合は保存療法と呼ばれるものが用いられます。

これはリハビリや薬などを使った方法のことで、その症状にあったものが行われます。まずリハビリの場合には電気療法やマッサージなどを行って痛みを和らげていくといった形になります。

薬の場合は血行などを良くする薬などを使われることがあります。これ以外にもコルセットなどの装具を使った方法や神経ブロックと呼ばれる注射を打つことで血行を良くして痛みを和らげるといった方法も利用されています。

症状などが軽い場合にはこういった治療法で治していきますが、重い場合には手術などを行うこともあります。

ヘルニアは重くなってしまうと手術でも治すことができないこともあるので、できるだけ早期発見をして早めに治療ができるようにしておくことが大切なのです。