介護腰痛予防対策.com » 種類について

種類について

脊柱管狭窄症に悩んでいる人が多いのを知っていますか? 腰に関する病気というのは多くのものがありますが、なかでも今多くなってきているのがこの病気なのです。

これはいったいどういった病気なのかというと足や腰などに痺れや痛みなどが出てしまい最悪の場合には長時間あるくことができなくなってしまうといった症状があらわれるのです。

この脊柱管狭窄症にはいくつかの種類があり、それらによって症状なども変わってくるのです。どういった種類なのかというと脊柱管狭窄症というのは脊柱管と呼ばれる神経の通っている部分が狭くなってしまい神経が圧迫されることで多くの悪い状況を起こしてしまうのです。

そして、圧迫されるものによって症状というのは変わってくるのです。まず一つが神経根と呼ばれるものが圧迫される場合です。この神経根が圧迫されてしまうと足や腰に痛みや痺れなどといったものが現れるようになります。

基本的には圧迫された左右どちらかに症状が現れるのがこのタイプです。次に馬尾と呼ばれる部分が圧迫される場合です。

このタイプになってしまうと痺れや痛みだけではなく排泄障害などになってしまうことがあるのです。そして、一番厄介なタイプはこれら二つが混合して表れるタイプです。

このように脊柱管狭窄症というのはタイプによって症状が変わってくるためとても厄介な病気の一つなのです。これを治すためには様々な方法があります。

神経ブロックと呼ばれる注射を打つことで血行良くする方法やリハビリなどを行う方法などです。これらは症状が軽い場合に行われていてこれをするだけでしっかりと痛みを和らげることできるようになります。

しかし、排泄障害などの重い症状が出てしまっている場合には手術などを行うこともあるのです。こういった症状が現れた場合には早めに病院に行きましょう。