介護腰痛予防対策.com » 症状について

症状について

五十肩という名前を聞いたことがある人も多いと思います。これは名前の通り五十代の方が良くなりやすい病気の一つとして知られています。

なってしまう原因というのは様々ですが、多くの場合は肩などを酷使した後になることが多いようです。最近では五十代の方でもスポーツをしている人が多くなってきています。

テニスやゴルフといったスポーツなどを行っている方が発症してしまうことが多いのです。では実際に発症してしまうとどういった症状が現れるのでしょうか?

主なものは痛みです。よく肩こりと勘違いされやすいのですが肩こりとこの病はまったく別のものなのです。

この病というのは肩と腕回りに痛みがくるのです。そして、左右同時に来るということはほとんどなく左右どちらかにこれらの痛みが発生するケースがほとんどです。

左右同時にくることはほとんどないですが、左右で遅れて痛みがやってくるというケースはあるそうです。そして、最大の特徴は肩が上がらなくなるとういうことです。

五十肩になってしまうと肩がしっかりと上がらなくなります。最悪の場合には運動障害を起こすレベルまで上がらなくなってしまうのです。このように痛み以外にもさまざまな悪影響を持っている病気なのです。

この病気の痛みというのは自然に治るので、病院に行かないなんて人もいるかも知れませんが、しっかりと治さないと運動障害を起こしてしまう可能性があるため病院に行って治療を受けたほうがいいのです。

まだなっていないという人は五十肩というのは予防できるものです。しっかりと予防しておけば発症してしまうことはほとんどないのです。

しっかりと学び、ならないように対策をし、なったときにもしっかりと動くことができるようにしておくことが大切です。