介護腰痛予防対策.com » ストレッチによる効果について

ストレッチによる効果について

近年では、“ストレッチ”という言葉も広く周知され、ごく一般的なものとなってきました。今やスポーツの世界ではウォーミングアップやクールダウンといった過程で、行うことが当然となっています。

また、スポーツ関係でなくても、自主的に健康のために行う方も多く、そのための入門書や専門書もかなりの数があるでしょう。では、ストレッチを行うことで、実際に私たちの身体にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

そもそもストレッチというのは筋肉に対し引っ張る、伸ばすといった刺激を加えることで、筋肉をほぐす運動です。そうすることで身体に柔軟性を高めることが出来ます。

スポーツなどの際、硬く緊張した筋肉というのはパフォーマンスもさほどあがりませんし、怪我を誘発してしまう可能性もあります。そこで運動前に行えば、パフォーマンスを向上させるとともに、怪我の防止に努めることが出来ます。

また、筋肉の緊張をほぐすことで、血行を促進することが出来ます。そうすることで、人間の身体の機能である代謝活動を促し、それにより疲労回復などの効果が期待出来ます。

さらにですが、近年では高齢者のためという文言を良く耳にしませんか。実はストレッチや中川式ストレッチングベンチを行うことで、高齢者の健康に良い影響を与えるとされているのです。その一つが老化による身体の衰えの防止・軽減・回復効果になります。

人間というのは歳を重ねるごとにどうしても老化をしてしまいます。とりわけ高齢者というのはその影響が大きく、中年を超えたあたりから身体のどこかしらに不調を抱える方が多くなっています。腰や関節、肩などに痛みを生じることも多いですよね。

生活の中で実践することにより、このような老化の影響を軽減していくことが出来るのです。さらに言えば、先程も書きましたが、身体の若さを取り戻すことさえできます。あなたも毎日の生活の中にストレッチを取り入れてはいかがですか?