介護腰痛予防対策.com » 猫背を解消する

猫背を解消する

猫背の姿勢がとても気になる、姿勢が悪く見られて、イメージが悪い、という方は多くいらっしゃいます。実際にはどのようなことが原因で猫背になるのでしょう?まず運動不足が考えられます。

歩くこともあまりしないで運動量が減ると、背骨やその筋肉が弱まり、長時間正しい姿勢で座ることができなくなります。またこれに加えてゲームやパソコンを長時間すると、背中などまったく気にしないようになります。

猫背はやはりドライバーの方やサラリーマンの方、IT系の技術者の方に多い症状です。筋肉が硬くなっているのを知らずに仕事に打ち込んでいると、ますます状態が悪化し、骨盤が傾いてきて、背骨の自然な前彎が傾いてきます。

また歩行不足も影響します。電車の本数が増え、路線が増えると、多くの方にとって歩く機会はやはり減少します。家電製品も種類が増えると、家中でも筋肉を使うことが少なくなります。

背骨を支えるための力が減ってきて、支える力が無いのですが、猫背はまだ症状としては軽いほうです。整体での猫背の治療は、まず背中ではなく身体全体のカーブを正常な状態にするようにアプローチします。

猫背は背中だけが変形しているのではなく、長い背骨全体のS字状のカーブが崩れています。ほぼ全身がゆがんている、と言うことも可能です。

骨折をしてから猫背が気になりだす、という場合も多くありますが、やはり普段の姿勢が大きく影響していますので、日常生活での姿勢をきちんと正す意識が大切です。

背中を伸ばして座るようにすれば効果はあるのか、と疑問を抱く方も多くいらっしゃいますが、生理的な湾曲に問題がありますので、結局は身体全体の歪みを矯正することが最も大切になってきます。

歪みを改善すれば、猫背を改善できますし、元の姿勢の悪化を矯正することもできるようになります。最近は猫背で悩む子供も増えています。できるだけ親からも気をつけることが大切ですが、専門家に診てもらうようにするのがコツです。