介護腰痛予防対策.com » 鍼灸院の効果について

鍼灸院の効果について

鍼灸院では「鍼、灸」を用いることで、身体の疾患に対する施術を行なっています。そして、この施術を行なっているのが、「鍼灸師」であって、彼らが開設しているのが「鍼灸院」なのです。

しかし、医療技術が発達した現代では、鍼灸院は時代遅れのものであるというイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。

特に、医療を題材にしたテレビドラマや漫画などでは、外科手術が多く取り上げられているために、最新の機器を用いることのない鍼灸院での施術を疑う人も少なくないでしょう。確かに、その気持ちはよくわかります。

手術やカテーテルなど、人間の体内を直に治療できる技術が発達している現代において、鍼灸院の時代遅れなイメージはやむを得ないでしょう。

しかし、鍼灸院で施術を行う「鍼灸師」はれっきとした国家資格があり、施術を行なっている者はすべて、この資格を有しています。また、WHO世界保健機関においても、鍼灸は西洋医学(手術など)の代替療法として効果があるという見解を発表しています。

WHOにおいて鍼灸療法の有効性が認められている疾患は、「神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー」などの神経系、

「関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症」などの運動器系疾患、「心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ」などの循環器系、

「気管支炎・喘息・風邪」などの呼吸器系疾患、「胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾」などの消化器系、

「更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊」などの婦人科系、というように、非常に多くの症状に対して効果があるとされているのです。