介護腰痛予防対策.com » 指圧と腰痛

指圧と腰痛

腰痛でマッサージ、指圧を受ける意味は多いにあります。効果がある治療法です。東洋的なツボ、反射点を指で直接押すことにより、鍼灸よりもダイレクトに、より簡単に施術することができます。

この方法をマスターすればパートナーと組んですぐにでも実行することができます。これだけで病院での物理療法、保存療法よりも高い効果があった、という方も多く、常に健康ケアの大切な手段として活用されています。

腰の痛みは原因も様々です。ストレスが原因である場合、また疲労の激しい運動によるものもあります。ストレスの場合は通常の指圧法をやさしく用いていくのが有効です。またスポーツなどが原因の場合は筋肉に作用するようにポイントを抑えて独自の指圧をするところもあります。

腰に症状がある場合は他の部位も効果的に押して、全身の筋肉をほぐしながら腰に集まる血行を高めることも大切です。腰眼と呼ばれる下位腰椎のツボは使用頻度がとても多いツボです。

また様々なツボの資料を元に、家庭内で施術することも可能です。腰椎のまわりにはたくさんのツボがあります。このような痛みはたとえば寝すぎた方にも起こる症状です。また寝過ぎた時に起こるというのは、寝る姿勢に問題があります。

腰が悪い方は膝の下に枕などを敷くのがよい改善方法です。もちろん起きている間は始終腰に負担をかけていますので、指圧による血行改善が必要です。筋肉が緊張し、血行が滞った状態は、まさに凝りがある状態です。

血の流れを改善し、腹筋や背筋、その他のインナーマッスルが骨をサポートする力を養うことができます。

指圧をすると気持ちよすぎて眠ってしまう方も多くいらっしゃいます。これは緊張が一瞬で解かれている証拠ですので何も心配はいりません。たくさんのツボを刺激するためには、ある程度柔らかいタッチで適当にする方法もお勧めです。もちろんプロの施術師の手技はより高い効果を得ることができます。