介護腰痛予防対策.com » 日常生活

日常生活

ここでは比較的、脊柱管狭窄症の症状の軽い方に、日常的に自分でできる、脊柱管狭窄症の症状をやわらげる工夫について取り上げます。

気をつけていただきたいのは、必ず専門医にかかり、よく相談した上で行ってほしいという点。そして、絶対に無理をしないこと。

ムキになって頑張りすぎてしまうのは、脊柱管狭窄症の患部ばかりか痛みをかばおうとする他の部位に負担を掛け、かえって逆効果です。

焦らずゆっくり、コツコツと続けていくことが大切です。脊柱管狭窄症がごく軽い症状であれば、姿勢に注意することから始めましょう。

背中を丸めていたり、足を組んで座る・いつも荷物を決まった方の手で持つなど、左右どちらか一方に負担を掛ける姿勢を改めるようにしましょう。

また、日常生活の中で、年齢に合った適度な運動を心掛け、肥満を予防あるいは改善することも大切です。腰痛向けの雑誌にあるストレッチを試してみたりするのも良いでしょう。

もちろん、個々の脊柱管狭窄症の症状によって合う合わないはありますから、無理は禁物です。歩く時は、背中を反らせず、やや前かがみの姿勢をとるのが楽でしょう。辛ければ、杖やカートを使うのもお奨めです。