介護腰痛予防対策.com » 腰椎椎間板ヘルニアと画像

腰椎椎間板ヘルニアと画像

腰椎椎間板ヘルニアの診断時や、術前の判断材料として、画像検査は大切な役目を果たします。主な方法は古くから行われているレントゲンや、コンピュータ技術を駆使して行うMRI、CTなどです。

レントゲンでは、主に骨の形状を見ることができます。つまり、椎間板が潰れている状態などが見やすくなります。ですがレントゲンでは神経の圧迫などの詳細を撮影することは不可能です。 このため、レントゲンを撮ってからMRIやCTを撮ることで、腰椎椎間板ヘルニアの状態をより詳細に判断することが可能になります。MRIは腰椎椎間板ヘルニアの診断方法として、極めて有用です。

その利点は、最小の侵襲性で、鮮明に画像上で腰椎椎間板ヘルニアの形態を把握できることです。逆に欠点もあります。

それはCTに比べて解像度が劣ること、また、激痛を伴う状態の腰椎椎間板ヘルニア患者さんの場合や安静が困難な場合は、じっとしていなければならない時間が長いため、無理と判断されることです。

MRIの撮影時間が長くかかることから、CTの結果と上手に組み合わせることで診断時間を短縮するように工夫することも多いようです。また装置の中に全身を入れて撮影する方法が多く用いられてきましたが、今では閉所恐怖症の方にも適用できるオープン型の撮影法もあるようです。

MRIの普及に伴って頻度が減少した方法として、ミエログラフィーがあります。ミエログラフィーは造影剤を硬膜内に注射し、その範囲内で神経の圧迫の程度を見ることができます。

手術の前の判断材料としてよく用いられています。ミエログラフィーでは、腰椎もしくは頸椎から造影剤を脊髄内に注入してから、レントゲンでその拡散の様子を透視します。

主には脊髄、馬尾神経などの圧迫状態、病変の有無などの評価に用いられ、もちろん腰椎椎間板ヘルニアでも有用な診断材料となります。問診や理学所見も大切ですが、画像診断は腰椎椎間板ヘルニアの診断を確定するためにより必要性が大きくなります。

診断だけならどこでもいい、ということではなく、後々の腰椎椎間板ヘルニアの治療を的確なものにするためにも、出来るだけ設備の整った病院で診察を受けることが推奨されます。