介護腰痛予防対策.com » 手術方法

手術方法

脊柱管狭窄症の治療には様々なものがありますが、その一例が脊椎固定術です。これは椎骨のすべりが原因となっている場合に多く用いられる術法で、ずれている脊椎を人工の骨や自分の骨、あるいは金属を使って固定をします。

そうすることで、脊柱管が狭くなるのを解消し、改善につなげていきます。また最近では、手術自体を内視鏡により行われる場合も多くなってきました。

内視鏡では、切開とは異なり傷口も小さくすみますし、入院期間も短いのでとても有効な方法です。また、患者さんの負担を軽減したり、気持ちの面、リスクの面でも安心感が増えるとの理由で、内視鏡術を希望される方が増えています。

このように、時代とともに新しい技術が導入されています。ですが、高齢化社会によって患者は増える一方です。これを防ぐには、一人、一人が自分の体と向き合うことがとても大事になってきます。

また、3分医療という現状も見直す必要があると思います。患者があまりにも多いため、お医者さんも一人、一人丁寧に診れないのが現状です。

これを解消するには自分の取り取り除きたい原因を正確に見極め、的確な処置ができるように安心できる病院や先生と出会えることが鍵となってくるのではないでしょうか。