介護腰痛予防対策.com » 姿勢について

介護の姿勢について

最近では様々な補助具が出てきていますが、もちろんそれも大切なのですがその前に、介護をする際、姿勢というものは気にしていますか。特に忙しい施設などで働いているとそれどころじゃないという方もいるかもしれませんが、しかし、姿勢と言うのは身体の負担を減らすために非常に大切なことです。

忙しいのならなおの事、痛い腰を抱えながら相手を持ち上げたり移動をしたりするのは辛いことです。痛めてしまう前に対策を取って、しっかりと動けるように自己管理を行いましょう。

食事介助で時折見かけるのは、ベッドや椅子に座っている相手に対して、立ったまま介助を行う事です。椅子を移動してくる余裕もないのかもしれません。しかし座っている相手に対して立ったまま食事の介助を行うのは、中途半端に腰をかがめることになり、腰痛には非常に悪いです。

食事の介助を行う際には、自分も椅子に座り同じ目線の高さで行うようにしましょう。また、そうすることで利用者と交流もしやすくなりまし、腰への負担も大きく軽減することができます。

もうひとつ、時折見かける光景がベッド柵を外さないままオムツ交換をすることです。ベッドの柵を外すのは案外手間です。確かに手間なのですが、この状態ではしっかりと腰を落とすことができないため、オムツ交換の際に介助を受ける利用者の身体を持ち上げるのも一苦労です。

柵を外せば、ベッドに膝をかけて腰を落として持ち上げることができるようになるので、オムツ交換の際に身体にかかる負担を減らすことができます。

柵を外さないでオムツ交換をしている人は、一度、ベッドの柵を外してしっかりと腰を落として身体を持ち上げることをしてみてください。腕も楽になりますし、腰への負担が大きく減っていることが実感できると思います。

補助具がいろいろあると言われても、道具を取り入れるのには費用がかかります。すぐに導入なんてできないという場合もあります。しかし道具を取り入れなくてもちょっとした工夫や、簡単な手間をかけるだけで、大きく負担を減らすことができるのです。