介護腰痛予防対策.com » 名医をご紹介

名医をご紹介

一定の年齢を超えると変形性膝関節症になる確率が増えてきます。とくに女性の方がこの病気になりやすく60代以上の女性の方はこの変形性膝関節症に気をつけなければならないのです。

では、これはどういった病気なのでしょうか? 特徴として膝に痛みが出るというものです。歩いたり、立ち上がったりと普段当たり前の動作をするだけで膝が痛むようになるのです。

こういったことに心あたりがある人はこの病気を疑ったほうがいいでしょう。なぜ痛みがでるのかというと膝の軟骨が関係しています。

もともと膝には軟骨と呼ばれる部分があり、その軟骨と呼ばれる部分があることで、膝にかかる負担を軽減していたのです。しかし、年齢が高くなれば高くなるほどこの軟骨というのはすり減ってきていしまいます。

そうすると次第にこの軟骨が負担に耐えられなくなり関節炎などを起こしてしまうのです。これが変形性膝関節症なのです。

ひどくなると膝の骨が削れてしまい強い痛みを伴うようになり、さらには膝を曲げたりできなくなってしまうのです。このように変形性膝関節症というのはとても厄介な病気の一つです。

この病を治す方法というのはいくつかあるのですが、基本的には運動療法などになります。適度な運動をすることで筋力をつけ膝に負担がかからないようにするというものです。

しかし、症状などがひどい場合には手術を行わなければなりません。手術をしても必ず治るというものではありません。なので、しっかりと治すためにはしっかりとした医師診てもらうしかないのです。

なので、手術を受ける人はしっかりとした名医を探してその医師に手術を依頼するようにしましょう。そういった名医はインターネットなどで簡単に調べることができるようになっているので、まずは調べてみてください。