介護腰痛予防対策.com » マタニティストレッチについて

マタニティストレッチについて

お腹の赤ちゃんの成長に合わせて、緊張した母親の体をストレッチさせるのがマタニティストレッチです。マタニティストレッチは、妊娠している方の体、そして心にも優しい効果を発揮する専用のストレッチプログラムです。

安産、そして丈夫ですくすく育つ赤ちゃんを産むため、産後の母親の体をスムーズに回復させるためにも効果があります。

妊娠中はリラックスして適度な運動をし、食事も栄養価を考えることが必要ですが、メリハリのあるマタニティライフを実現するためにも、マタニティストレッチは有用です。心地よい音楽などを聴きながらのストレッチは、貴重なリラックス体験になります。

マタニティストレッチのスタートの目安は、妊娠後13週から14週ぐらいです。また専用のジムで行う方法が適しています。相手は出産ですから、レッスンのプログラムがあり、メディカルなチェックも欠かさず行ったほうが、安心感が違います。

妊婦の体重を測り、血圧を測ったり、また赤ちゃんの心音を確認すこともあります。またセルフマッサージでは、自分で身体に触れながら、体の状態を確認して、緊張をゆるめるためのストレッチも行います。

その他、体を温めるためのストレッチも欠かせません。冷え性を解消することは、出産にとって大きなメリットになります。様々なマイナートラブルと言われるものを解消、予防し、分娩で必要な柔軟性を高めていきます。

また妊期が進むと、逆子も心配になりますが、ストレッチによって治す効果もあります。逆子体操という体操法がありますが、これもついでに取り入れるということです。胎動の位置が変わるのを実感できるようになると、ストレッチもよりはかどります。

インストラクターがヨガ専門の場合もありますので、この場合はヨガの動きを覚えることもできます。ヨガも経験したことがないという方にもお勧めです。筋力が落ちていることに気付いたり、ヨガの素晴らしい効果を実感することができます。