介護腰痛予防対策.com » 腰痛について

腰痛について

腰の痛みは稀に内臓疾患で起こる場合があります。腰痛が起こる病気としては、腎臓などに何かあるときが多いようです。

他にも、高血圧などが原因となることもありますが、やはり病院にいかないと分からないので、必ず病院に行って診てもらうようにしてください。

もし、ただの痛みと思い放っておくと、後々重大な疾患が見つかり手遅れになってしまう場合もありますので、無理はしてはいけません。

無理することによって、腰痛の症状が酷くなってしまっては大変です。また、腰痛は骨の歪みでも症状は起こるので、骨盤矯正などに一度出向くことも良いかと思います。

骨盤矯正を行い、効果があればそのせいだっただと分かりますし、腰痛は姿勢の悪さからくることもありますので、腰の痛みがなくても定期的に骨盤矯正をすることはとても良いことです。

また、、広がった骨盤を小さくする努力をすれば、常日頃の姿勢も変化して、姿勢も徐々に良くなっていきます。ストレッチなどでも矯正することができますので、毎日のお風呂上りなどに実践すると良いと思います。

また、パソコンやテレビを長時間見るときなどは、バランスボールに乗ることもお薦めです。バランスボールは姿勢を保つのにとても良いですが、慣れるまではとても大変です。

慣れるまで相当苦労すると思いますが、バランスボールにしっかりと乗ることができるようになれば、体幹が鍛えられている証拠ですので、腰痛も徐々に改善していくことと思います。