介護腰痛予防対策.com » カイロプラクティックの法制化

カイロプラクティックの法制化

最近、「カイロプラクティック」というものが注目され始めていることをご存知でしょうか。「カイロプラクティック」は、1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーによって確立された、「代替医療」の一種です。

残念ながら、日本では法制化が進んでいないのですが、資格化が望まれています。というのも、「カイロプラクティック」について、世界に目を向けてみますと、WHO(世界保健機関)にも認可されている代替医療で、教育方針のガイドラインも出されているほどです。

WHOでは、「カイロプラクティック」を「筋骨格系における障害、およびそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職」であると定義されています。そのため、「日本でも法制化を」という声が出てきているのです。

カイロプラクティックの効果としては、色々と定義されていますが、代表的なものとしては、腰痛全般、肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、視力回復、慢性疲労、自律神経失調、更年期障害、O脚、骨盤の歪みなどが挙げられます。

再び日本に目を向けてみましょう。日本国内では、先程も述べましたが法制化が進んでいません。実は、これは大変な危険をはらんでいます。

というのも、「カイロプラクティック」を扱う「カイロプラクター」という資格は存在しないため、誰でも「カイロプラクター」を自称することができる状態にあるのです。

もちろん、海外での資格取得者や、日本国内に存在する「カイロプラクティック」の専門学校で本格的に学んだ者であれば問題ありませんが、もし十分な知識・経験を持たない素人が「カイロプラクター」を名乗り、施術を行えばどうなるでしょう。

マッサージなどであればまだなんとかなるかもしれませんが、もし腰椎分離症などに対する施術を、専門的な知識を持たないままに実行したとなれば、最悪のケースでは症状を悪化させてしまう可能性もあります。

しかし、正しい知識に基づいた「カイロプラクティック」の施術であれば、患部の痛みを一時的に和らげるだけではなく、その原因を根本から治癒させることも可能です。

「カイロプラクティック」を日本で正しく行うためにも、法制化を望む声が多いのです。