介護腰痛予防対策.com » 腰痛とお産

腰痛とお産

妊娠したら腰が痛んでしょうがない、このような妊婦さんの話をよく聞きます。妊娠すればまずお腹が大きくなりますので、腰痛は起こって当たり前、とも言えます。

重心が前に傾けば腰はやはり反るほうに傾きます。そうしなければ腰への負担が増えて立っていることもできません。

では妊娠後はどうでしょう?つまりお産が済んでしまった後のことですが、お腹が軽くなれば一気に腰痛はなくなる、かと言えば、育児の影響で腰がますます痛くなる、のが現実です。

どんどん成長していく赤ちゃんは当然体重も増加しますので、腰への負担もどんどん大きくなっていきます。また多くのママさんは腰痛用のベルトを工夫したり、帯ではなく専用のマタニティグッズを使用する方が多いようですが、タイミング悪く椎間板ヘルニアを発症してしまう方も少なくありません。

最近は祖父母や専用のサービスなどを利用して赤ちゃんの面倒を見てもらっている、という方も少なくなってきているようです。

昔であれば祖父母、とくに祖母がじっくりと赤ちゃんのケアをしている間に、産後のママさんは充分な休養を取ることが可能でしたが、現状は腰痛の他にも骨盤が開いたままで元に戻らなくなったりする例も多いようです。

産後の腰痛はこのようになかなか解消しずらい腰痛、その中でもベスト1に入るのではないでしょうか? 抱っこをしないと赤ちゃんは泣いてしまいますし、たまにタイミングを見計らって抱っこするといっても家事もあれば家計のチェック、夫の世話などもあります。

まず大切なのは妊娠のスケジュールに合わせて体力を温存しておくことです。筋力アップ、そして栄養のバランスを考えてカルシウムなどの要素をたくさん吸収しておくことも大切です。

妊娠期に入る前から、つまり家族計画の段階が勝負と言えます。腰痛が酷く、冷え性も長引いてしまって、おまけに子宮筋腫などが出ると帝王切開も止むを得ません。

赤ちゃん、そして母体の健康にも響いてしまうのはどうしても避けたいものです。