介護腰痛予防対策.com » アロマテラピーの効果

アロマテラピーの効果

アロマテラピーとは、植物の香りの成分を利用し、精神的なやすらぎや美容などの健康効果を得ようとする治療法の1つです。

香りの成分は植物の葉や皮、種などから抽出したエッセンシャルオイルを使用します。香りの成分が鼻から入り、そのまま大脳辺緑系へと伝わると、色々な効果がありますが、主にはリラックス、ストレス改善やネガテイブな感情をポジテイブなものに変換し、健康効果をもたらします。

アロマテラピーは専門の治療院があります。ほとんどはアロマを取り入れながらマッサージをしたり肌のケアをしたりしますが、自宅でもアロマテラピーはできます。

植物の花や葉から抽出したオイルと専用のキャンドル式芳香器を用い、火をつければアロマの香りがすぐに広がります。またACアダプターから取るタイプのものもあります。火では不安と言う方にはお勧めです。

エッセンシャルオイルについては沢山の種類があります。ただし、中には抽出したものではない、ニセモノもあるようですので選択には注意が必要です。健康になるためのもので、逆に健康を崩してしまうなんてことのないよう、しっかりとしたものを選びましょう。

アロマテラピーといえばフランスやベルギー、などがとくに歴史的に長い国として知られていますが、エッセンシャルオイルにも厳しい品質基準があるそうです。しかしながら日本ではまだ、アロマテラピーは日用雑貨品程度にしか認識されていないのが現状です。

エッセンシャルオイルの他にも同じような目的に使用するものとして、アロマオイル、ポプリオイルなどがありますが、これらは抽出液ではなく、もともと科学的に合成されたものです。

これらは鼻から吸収するだけであれば問題はほぼありませんが、マッサージやスキンケアの段階でも使用すると健康に悪影響を及ぼす可能性が充分にあると言えます。健康のために行うアロマテラピーで健康を崩してしまうということにならないよう、木をつけて選択する必要があります。

アロマテラピーは様々な症状に健康効果をもたらします。例えば眠気がひどい方には、体操をしながらアロマを炊くのがお勧めです。ラジオ体操などをした後、幾分リラックスした気分でアロマに火をつけ、シャワーなどを浴びるなどするのも、眠気解消など、とても健康効果が高いと思います。