[PR]

脊柱管狭窄症を治す方法をご紹介しています。

ブロック注射情報119番
ご紹介しています。

分離症の専門サイトをご紹介しています。

介護と腰痛予防対策

介護に腰痛はつきものです。どのくらい多いかと言うと、厚生労働省が介護職の方に向けて、腰痛の予防対策のための資料を配布しているくらいです。

腰を痛めて労災認定を受ける介護職の人もも、また、どうしても介護の仕事を続けることができなくなってやめていくひともいます。こういった事情もあって、介護業界は人手不足とよく言われます。ではなぜ、介護をする人にはこんなにも腰痛が多いのでしょうか。

まず、介護では他人の身体を支えるのですから当然、重いものを持ち上げたり移動することになります。そうなればどうしても、腰へは大きく負担がかかってしまいます。また入浴やオムツ交換などの介護ではどうしても中腰にならざるを得ません。

そういった介護の際にかかる負担を緩和するための道具や技術は数多くありますが、それでもやはり腰に負担はかかります。本格的に腰を痛めてしまう前に、普段の介護の方法から見直して予防と対策を考えておく必要があるでしょう。

厚生労働省では、介護施設を運営する事業主に向けて、腰痛予防対策のための資料を配布しています。こちらの資料では、事業主が出来る現場の環境の整え方や、作業の手順管理についてのアドバイスや指針が記載されており、介護の現場の人間にとっても大変参考になります。

もちろん事業主に向けてだけでなく、介護の現場で働く人に向けた腰痛予防対策の資料も配布されています。こちらは、腰痛予防対策のポイントとエクササイズとして、労働災害についての説明から腰痛が起こる原理、予防対策の進め方、普段の作業でいかに予防と対策を進めるかなど、様々な方面からの対策方法が記載されています。

この資料には事前に行える環境整備のほか、自身で行う腰痛予防対策のエクササイズやセルフチェックの方法もあるので、腰痛に悩んでいる介護職の方は、一度見てみると良いでしょう。

腰痛の予防対策を目的にストレッチを行う際に重要なのは、筋力と体のバランスです。いつも使っているんだから筋力は十分にあるだろうと思われるかもしれませんが、実は本当に必要な筋肉は使われておらず、そのせいで余計に体のバランスを崩してしまっているということがあります。

また介護を行う際、日々同じような動作ばかりをしていると、同じ筋肉ばかりが使われて他の筋肉が使われないため、筋力のバランスが崩れ、体のバランスを崩すことに繋がる場合もあります。

ストレッチには様々な種類がありますが、行うことで体が温まり筋肉の血流が増加し疲労回復に繋げたり、普段から筋肉を動かし柔軟性を鍛えておくことで怪我を前もって予防できたりと、バランスを整える以外にも効果は大きいです。

介護で疲れて帰ってきたのにストレッチをする余裕なんてないという方もいるかもしれませんが、実は適度にストレッチを行った方が疲労の回復に繋がります。

介護をしている中で片寄った動きをしていた場合は特に、ストレッチを行って使わなかった筋肉を動かし、しっかりとバランスを整えることが重要です。

このバランスが崩れてしまったままだと眠ってもしっかりと熟睡が出来ず、疲労をきちんと回復させることができません。

最近ではこのような考え方も広まってきていますが、しかしそれでもまだまだ、介護に必要なのは介助される人を持ち上げる筋力と体力だと思っている人も多いです。

ですが実際には、力を入れずに相手を持ち上げたり移動したりする方法もありますし、そのような方法を取った方が介助される側の負担も少なくすみます。

新しい技術を覚えるのは大変かもしれませんが、自分の健康のためにも、腰痛を事前に予防し対策をとるためにも、身体への負担を極力少なくする技術を身につけ、また、身体にかかった負担を回復するためのストレッチを毎日行う習慣をつけるようにしましょう。

お薦めサイト一覧

■頚椎ヘルニアの治療でお悩みの方はこちらのサイトがお薦めです。
頚椎ヘルニア治療NAVI

■ジャックラッセルテリアのしつけでお困りの方はこちらのサイトがお薦めです。
http://www.xn-08jl3bybzsvcycza4eb8a92awcran9047s.com/

犬の正しいしつけ方を詳しく知りたい方はこちらから。

新着情報

 2016年04月19日:障害厚生年金
 2015年10月29日:接骨院とランナー膝
 2015年07月30日:TOP